カテゴリ:☆雑貨☆( 6 )

マクベス・エバンス ペタルウェアー☆


今日はMacBeth Evans Petalwareのご紹介

e0139467_8362721.jpg


マクベス・エバンス社は1869年にトーマス・エバンスという人が設立したガラスメーカーと
1872年にジョージ・マクベスという人が設立したガラスメーカーが合併し
1927年に”マクベス・エバンス社”としてアメリカに誕生しました。


その後1937年にコーニング社に買収されてしまったため、
マクベス・エバンス社としてのガラス製造はわずか10年程。

10年という短い歴史の中で、マクベス・エバンス社の代表的デザイン
とも言えるのが、今回ご紹介するPetalware
お皿の縁が花びら(Petal)のようになっていることからそう呼ばれています。


↓はそのPetalwareの中でも人気なパステルの線が描かれた
通称:Pastel Bands

e0139467_8365715.jpg

マクベス・エバンスの魅力は、なんと言っても
この半透明なガラスの繊細さ。

光に透かすと向こう側が透けて見えるほど繊細なガラスです。

e0139467_8371768.jpg

この半透明なグラスにはMONAXと呼ばれ真っ白なグラスと
CREMAXと呼ばれクリーム色のものがあります。
↑はMONAX
真っ白な地にピンク・グリーン・ブルーのパステルカラーが綺麗でしょ?


今回のご紹介はディナー・プレートとサラダ・プレート。
現在ソーサーの入荷待ちなので、入荷次第お店に商品UPしたいと思います。






ランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  ←応援クリックお願いします♪


お店にはこちらからお入り下さい→  皆様のお越しをお待ちしております♪
[PR]
by moniha20 | 2009-03-02 08:39 | ☆雑貨☆

Fisher-Price Teaching Clock


ヴィンテージ フィッシャー・プライスのオルゴール。

今日は”Teaching Clock”を動画付きでご紹介します。

まずは動画からご覧下さい。



1962~1968年の間に作られた日本製のオルゴール。
(オルゴール部分だけ日本製です。)
40年以上経った今でもその音は昔と変わりません。

曲は”My Grandfather's Clock
日本でも”大きな古時計”という題で有名な曲ですね。
音楽の音と共に鳴る”カチカチ”という時計の音も心地良いです。


こちらは表側。
40年以上も前のものなので、木製の土台に貼られたシールが所々こすれていたり
プラスチック部分に小キズがあったりしますが、全体的には良い状態。
e0139467_1123974.jpg


裏側には、朝7時に起床→8時に朝食をとって→9時に学校に登校→10時は勉強、、と
その日一日のスケジュールが描かれています。
これが子供たちに時間を教えるための”Teaching Clock”の名前の由来なんですね。
e0139467_11233965.jpg
e0139467_11235415.jpg


私達日本人にも親しみのあるその音色は
懐かしい子供の頃の思い出を蘇らせてくれること間違いなしです音譜


Fisher-Price Music Boxの詳細はこちら←からご覧いただけます。





ランキングに参加しています  ブログランキング・にほんブログ村へ  ←できたらポチッとお願いします♪


お店にはこちらからお入り下さい→  皆様のお越しをお待ちしております♪
[PR]
by moniha20 | 2009-01-08 11:25 | ☆雑貨☆

Fisher-Price Peek-A-Boo Music Box


昨日ご紹介したVintage Fisher-Priceのミュージックボックス。
動画を撮ってみましたので、ご紹介します。

(デジカメの動画なので、雑音と画像が良くないのはお許し下さい。)





オルゴールの曲は”Mary had a little lamb
和題はご存知の通り”メリーさんのひつじ

画面下のTURNと書かれたつまみを回すと
表面と上についているPeek-A-Boo Screen(のぞき窓)の
絵がくるくると回り始めます。


なるべく自然光で撮りたかったので、ライトは使用していませんが
今日はあいにくの曇り空。
画像が暗いのはお許し下さい。


でも、ホラ、とっても可愛いオルゴールでしょ?



この先他のオルゴールも動画で紹介したいと思っていますので、
楽しみに待っていて下さいね






ランキングに参加しています  ブログランキング・にほんブログ村へ  ←できたらポチッとお願いします♪


お店にはこちらからお入り下さい→  皆様のお越しをお待ちしております♪
[PR]
by moniha20 | 2008-12-21 14:03 | ☆雑貨☆

ショップの色々


さて、前回は色々なセールを紹介しましたが、今回はハワイに点在するThrift shop(スリフトショップ)をご紹介します。

Thriftとは英語で倹約、節約という意味。
Thrift shopは古着、古物を扱う云わばリサイクルショップの事で、その商品のほとんどは市民からの寄付により賄われています。

Salvation Army
 サルベーションアーミーはオアフ島だけでも6件ありますが、一番大きなものはホノルルのダウンタウンにあります。
サルベーションアーミーとはキリスト教の精神の下運営されている団体で、その収益金は世界各国の地震、津波、台風などの災害支援や被害者の救済活動に役立たれているそうです。

Goodwill Industries
 グッドウィルもオアフには6件あり、大きなところではカイムキ街にあるものでしょうか。
 ここで集められた寄付金、収益金は教育やキャリアサービスなどを通して、ホームレスや障害を持つ人々の支援に使われているそうです。

Savers
 セイバーズはオアフに3件あり、その中でもホノルルのダウンタウンにあるお店はとても広く、商品も豊富、陳列の仕方もグッドウィルやサルベーションに比べると整然としています。
商品も心なしか他の2つに比べると良質な感じがして、うちの主人はセイバーズの事を”Good kind of used store.”と言います。
 ここでの収益金はコミュニティの活性化に役立てているのだそうです。

 ご紹介した3つのスリフトショップの他にも教会で運営されているスリフトショップがハワイには沢山あります。
でも近年のファイヤーキング、パイレックスなどのミルクグラス製品の人気で、最近ではなかなか良い物が発見できない状況です。
それでもコツコツとこうしたショップに足を運び日々お宝を探している私なのでした。





          お帰りの際にはこちら↓をポチッとお願いします。
                 
               応援ありがとうございます!
[PR]
by moniha20 | 2008-02-22 07:14 | ☆雑貨☆

セールの色々

アメリカでは週末になると色々なセールが行われます。
今日はその中でも私が良く行くGarage sale,Yard sale,Moving saleそしてEstate saleの違いを説明したいと思います。

まず、Garage saleは自宅のガレージを使って不用品を売ることで、多くは古着や子供用品、玩具などが中心です。
Yard saleも内容的には同じような物で、自宅の庭に品物を並べて売るセールのことです。

Moving saleは引越しの為のセールなので、古着や玩具の他にもと家具や食器、電化製品など大型の物も売りに出されます。
島国ハワイではIsland Moving Saleといって、島を出て行く人が大型の家具や車まで売っている場合もあります。

そして最後にEstate sale。
私も初めてこの看板を目にした時は不動産のセールかと思ったのですが、エステートとは財産、つまり財産処分セールのことで高級住宅ではアンティークの家具や絵画まで出品される事も多く、オークション形式でそれらが取引される事も少なくはありません。

残念ながらこのエステートセールはここハワイでは滅多にお目にかかれませんが、以前行ったセールでは私好みの物はありませんでしたが、銀食器やアンティーク家具などがとても安い値段で売られていました。
いつかファイヤーキングやパイレックスをどどーん!と売っているエステートセールに行ってみたいものです。。

こうして週末になるとどこかにセールの看板がないかと高級住宅街を車で徘徊する怪しい私なのでした。




          お帰りの際にはこちら↓をポチッとお願いします。
                 
               応援ありがとうございます!
[PR]
by moniha20 | 2008-02-21 19:52 | ☆雑貨☆

姉のこと

私の姉は東京は久我山という所で雑貨屋を営んでいます。
私が初めてファイヤーキングを知ったのはこの姉の影響からでした。

姉は今からもう10数年も前からファイヤーキングやパイレックスといったアメリカ製のミルクグラスに魅せられ、当時はあまり日本で知られていなかったので国内での入手が困難だった為、NYに買い付け旅行にまで行っていました。

7年程前、私もその姉の何度目かの買い付け旅行に一緒に着いて行き、フリーマーケットやアンティークショーを見て回り、どうやって見分けるのか、どうやって値切るのか、どうやって梱包するのかなどを学んだのです。

でも残念な事にその時の私はミルクグラスには興味がなく、古着などを買い漁っていたのですが、今考えるともったいないことをした、、と思います。
なぜならアメリカでも日本でもここ数年でミルクグラスの知名度が高まり、以前より高値で取引されているからです。

しかもここハワイのアンティークショーはほとんどがハワイアンアンティークで、なかなかファイヤーキングなどには出会えません。
ここではそういった大規模な施設では滅多にミルクグラスに出会えるチャンスはないので、仕方なくフリーマーケットやエステートセールの広告を見てはちまちまと覗きに行っているのです。

かくゆう姉はつい最近またNYに買い付け旅行に行ったので、きっとお店の商品棚には新たなミルクグラス製品が飾ってあるんだろうな。。うらやましい。。


姉のお店はこちらです↓

macaron




          お帰りの際にはこちら↓をポチッとお願いします。
                 
               応援ありがとうございます!
[PR]
by moniha20 | 2008-02-21 19:34 | ☆雑貨☆